BLOG

無限の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テンポいいですね。

気分屋なもんで…

そんな時はぐいぐいブログっていこうと思います(^_^;)

さて、弊社が活用する物流システム「はぴロジ」について、
倉庫側からみたイケてるところなんかをブログってみます。

倉庫サイドの業務としては、
①荷主様からの出荷データを取得
②ピッキングリスト、納品書を出力
③ハンディを使ってピッキングと検品
④各運送会社とはぴロジを連携させて送り状を発行
⑤梱包
⑥出荷データ、在庫データを荷主様に返信

この一連の業務をこなすと、はぴロジの画面上で各データのステイタスが移動するので、
もしやり忘れた業務があればその時点で分かるという仕組み。
各ステイタスで色分けもされて注意喚起されるので、視覚的にも見落としがない。
勿論、すべてをオートメーション化している訳でなく基本的には人の手によってシステムを動かし、出荷作業をしているにですが、このシステムを導入した事で誤出荷の可能性がグンと下がった訳です。

そう、この「誤出荷の可能性を極限まで下げる」事こそ、システム導入の一番のアピールポイントだと思います。

荷主様に関しても、これまでエクセルを使用して出荷指示書を作成していたり、在庫管理をしていたのがその必要がなくなり作業効率が劇的に変わります。

って、色々と書きましたが、、、なかなか文字にするのは難しい…

ので!

もしこのブログを見て頂いて、自社物流のアウトソーシングをお考えの企業様がいらしゃいましたら、もういい!っていうぐらい懇切丁寧にご説明させて頂きますので、ご一報を!

完璧なシステムのように書いてしまいましたが、実際「はぴロジ」に限らず完璧なものなど世の中には存在しない訳で…
でも、日々新しいアイデアをもって無限の可能性にチャレンジしているシステム会社だと思っていますし、それを見習って、そういう物流会社でありたいなと^_^

〔おおおおおおっと!めちゃくちゃ上から目線!!!〕

そんなシステム会社の社長、そして担当者の方々から日々学ばせて頂いてます。

〔そして、まさかの分かり易すぎるフォロー!!!〕

兎にも角にも、非常に強力な武器を手に入れた軍隊…、例えがゴリゴリすぎですね…

ゴムゴムの実を食べたルフィのような感じ……

若干着地点を見失っております

ので、サラリと終わります。

次回は弊社が考える新しい物流倉庫の形のお話をしようと思います。

@OK Logistics Head office

  • このエントリーをはてなブックマークに追加