BLOG

1st Contact

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EC物流としての歩みを書いていくとか言いながら、まあまあ時間が過ぎてしまいました。
はじめの一歩からの二歩目がなかなか出せず。。。

ここ1ヶ月程、EC物流の将来性をビンビンに感じながら、業務をこなしておりました。

はい、ブログを書く余裕がございませんでした(笑)

ではでは、弊社がなぜEC物流に特化した物流倉庫を目指したのか!

「1つの出会い」が大きな分岐点でした。

昨年2月、東京で、あるシステム会社社長を僕の信頼している先輩から紹介されました。

偶然僕が東京にいるときに、大阪に本社があるその社長も偶然東京に居て。。。
何か運命めいたものを感じ、その日のうちに南青山のお蕎麦屋さんでお会いさせて頂きました。
あまり時間がない中で、お互いの会社の事を色々と話して、後日弊社倉庫に来て頂く約束をして、その日は別れました。

その会社は流通に関する様々なシステムを主に販売している会社。

はい。システム会社です。

きっとすげえ高額なシステムを販売されるんだろうと、、、おもっきり虚勢を張っておりました(笑)

後日、担当の方や社長も来社され、会社の説明、システムの説明などなど色々な話をされました。
色々とお話をしているうちに、なんだか自分が思っていたシステム会社とは少し違うぞ???と。。。

荷主側も物流倉庫側の事もすごく考えてくれている。。。

何度も打ち合わせをさせて頂き、その度に、「この見積もりってホントですよね???」って質問を4回はしました。
もう、担当の方も、社長も呆れてたと思います。。。

社長がずっと言っていた、「システム会社、荷主、物流倉庫、全員がWINでなければ意味が無い。一人勝ちは面白くない」
その言葉を信用するのに、4ヶ月かかってしまいました。。。ほんと僕って用心深い。。。と同時に無駄な4ヶ月だったと思いました。

「はぴロジ」

弊社に導入したシステムです。

株式会社ブレインウェーブ

はぴロジを作った会社で、EC物流の可能性を僕に感じさせてくれた会社です。

次回は、、、はぴロジを導入して、、、果してどうだったのか!!!的な^_^
テンポよくUPしていこかなと思います(^_^;)

@OK LOGISTICS HEAD OFFICE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加